持続可能な営みを×地方創生

18世紀の産業革命を皮切りに、資本主義の発達によって人類は豊かになりました。

生活に余剰が発生した人類は、さらなる利潤を得るために、第二次産業・第三次産業と手を広げ、産業の目的を「生きる為」から「より大きい利潤を得るため」にシフトしていきました。

以前の人類は生活のためだけに、農業・林業・漁業いわゆる第一次産業によって自然と共存しつつ生活してきました。

資本主義によって豊かになった今こそ、「持続可能な」第一次産業が再考されるべきだと我々は思っています。

だんべぇちゃんねる / pi-reiwa

2019年6月30日。それは始まった。
遊休農地となっていた1反の土地で素人4人がゼロから畑を作り上げていく。
涙なしには語れない完全ノンフィクションドキュメンタリー。


だんべぇちゃんねる / pi-reiwa YouTubeチャンネル